デザイン住宅は神奈川県鎌倉市に学びましょう。

私などは古都が大好きな古都マニアですので、それがこうじて京都に暮らし始めました。

私が関東に住んでいたなら迷わず神奈川の鎌倉市に引っ越ししたはずでず。

鎌倉市というものは鎌倉幕府で解るように政治の中心でした。

歴史にそれほど詳しくないのですがこういった古都は当時の豪族が立てた建築物なのだと考えます。

その当時でいえば最先端の工法で建てられた建物だと考えるのですが、そうである証拠に今もなお荘厳な姿を見ることができます。

今のデザイナーもそうなのでしょうが、このころの豪族のためのデザイン住宅というのは、命がけでした。

すなわち失敗することと死ぬことが同ラインにありますので、常軌を逸脱した集中力やデザイン力を発揮しているはずです。

何せ命がけなわけですから。

おかげで私たちはその建物を今も見ることができます。

ありがたいことですね。

私は考察するのですが、もしかして世界の美しい建物や文化遺産というものは、こういった命がけの状況から生み出された芸術であると言えるのではないでしょうか。

現代のデザイン住宅というものはある意味そういった歴史上の建築家のインスピレーションを練りこんで完成したものであるといえます。

神奈川にはこういった歴史上のデザインがあふれるほど存在しています。

さて、住宅にかんしての極論を言いますと、雨風がしのげて温度が一定の住まいであるなら最高の環境だと言えます。

人が快適だと感じる温度を提供できる住宅と言うのは案外難しい問題でしてエアコンをつければ快適だというのは間違いです。

エアコンは効きすぎてしまうという欠点があり、クーラーをつければ確かに涼しいですが、絶妙な温度をキープするのは非常に難しい問題なのです。

エアコンの温度調節は暑くなるか寒くなるかで作動するのがほとんどですので厳密に温度をキープするのは不可能であるといえるでしょう。

ここで神奈川のデザイン住宅を考えてみますと、神奈川の気候を考えた住宅設計をしなければならない訳です。

しかして気候にあった住宅は制約が色々あるわけです。

ところが幸いにして神奈川の気候というのは箱根の高い山が冷たい風を防いで、太平洋側からは温かい空気がくるという恵まれた気候であるため、自由度の高い住宅設計が出来るというわけです。

神奈川のデザイン住宅のサンプル例を参考にする

上記のサイトはそのような事例を集めてますので参考にしていただければ幸いだと言えます。

しかしながらデザイン住宅というのはその地方の快適の温度をキープする様に設計されてる事がほとんどがですので安心して購入する事が出来るというわけです。